郵便番号761-0821 香川県木田郡三木町鹿庭215番地 電話番号087-899-0555 メールアドレスinfo@hirono-farm.com
  • 広野牧場ホームページ トップページへ戻る
  • 広野牧場について
  • 広野牧場のコンセプト
  • ログハウス『ホーム・ベル』
  • 広野牧場のスタッフたち
  • 広野牧場通信
  • 酪農教育ファーム
  • アクセス・お問い合わせ
  • 求人情報
広野牧場通信 ログハウス『ホーム・ベル』 ご予約・お問い合わせは 電話番号087-899-0555 メールでのお問い合わせはinfo@hirono-farm.com 森のいちご

酪農教育ファーム

三木町立三木中学校 第2学年人権フィールド学習

三木町立三木中学校 第2学年人権フィールド学習に訪れた生徒さん 三木町立三木中学校 第2学年人権フィールド学習に訪れた生徒さん 三木町立三木中学校 第2学年人権フィールド学習に訪れた生徒さん
1.目的
(1)循環型の農業を実際に体験することで、環境問題について真剣に考える機会とする。
(2)多くの人の協力の基に、牛舎でのさまざまな体験をできたという感謝の気持ちを持つことができる。
2.参加者
両日とも各10名。
3.日時
2002年9月10日(火)、11日(水) 両日とも6:30〜15:00
4.日程
6:00 白山小学校集合
6:00〜6:30 自転車で牧場まで移動
6:30〜15:00 体験活動(昼食・休憩を含む)
15:00 解散
5.活動内容
搾乳作業、牛の世話、給餌、職員へのインタビューなど
6.事前学習
 9月9日(月)
@ オリエンテーション(役割、日程等)
A 広野牧場について
B 質問事項の検討
7.準備物 
弁当、水筒、筆記用具、学習のしおり、長靴、タオル、作業しやすい服装(着替えが必要)、帽子
8.事後学習
 9月12日(木)、13日(金)
@ 画用紙へのまとめ
A 感想文、お礼状の作成
B 発表
9.担当者
佐伯浩司

広野牧場訪問感想文

「広野牧場を訪問して」   2年   A ・ K
広野牧場を訪問して、私はいろいろな体験ができました。牛を触ったりエサ やりをしたり初めてだったから、少しきんちょうしたけど、なれてくると、牛の つのにもさわれるようになりました。  放し飼いのようにしている子牛は、好奇心がすごくて追いかけてきたりして 怖かったです。職員の人によると勝手に脱走しているだけだそうだけど、 2年後ぐらいすると、殺されてしまうそうです。かわいそうな気もしたけど、 しかたないことなので、今だけでも幸せに暮らせたらいいと話してくれました。  他の牛は、結構おとなしく、エサをやるときはハエがうっとうしかったです。  牛の世話は、1日で疲れてしまったのに、職員の人は、とてもすごいと思い ました。牛にも、すこし慣れたので、また機会があれば広野牧場にまた行って みたいと思います。  珍しい経験がでてとてもよかったです。ありがとうございました。
「広野牧場を訪問して」   2年  T ・ M
広野牧場にいって、1番はじめにやったことは、牛のエサを道のまん中にお いているので、道具で牛の近くまでもっていく作業をして、その後には、牛の 飲み物をバケツにくんだりなどけっこうつかれる作業を、多くやりました。 疲れないのもありました。  牛の乳しぼりは、牛に消毒をしてその後に牛についたよごれなどを、紙でぬ ぐったりしただけでしたのでつかれませんでした。 乳のしぼりかたは、テレビで見た物と同じだと思っていたら、ミルカーという搾 乳機で生乳をしぼっていました。後でしぼりたての牛乳を飲ませてもらいまし た。いつもの味とちがって、すっごく味が濃かったので飲みきるのが、少しえら かったです。  広野牧場にいって1番おどろいたのは、1日の間に牛乳パック1500本分の、 牛乳があつまっていると言うことに、あまりに多いのでおどろきました。 ほかに知ったことは、メスは幼いときに角を切りおとして焼いて生えなくして、オ スは切らずにそのままにしているということを知りました。  他にもいろいろ知ったけどやっぱりここにきてよかったと思いました。
酪農教育ファームについて>>
先生のための酪農体験学習会>>
お問い合わせはこちらから>>