広野牧場HPへ
■NEW ENTRIES■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■

キーワードは『変化』です。



http://brillante-fm.jugem.jp/

Brillante ~四国の輝く人たち~

No.129 2016年9月16日放送(香川) に出演させて頂きました。

音源は上記リンクにあります。

緊張しすぎで、「え~」とか多いし、カミカミですが(笑



下記は文字でおこしてくれた文面です^^

今回のFM香川からのゲストは、広野牧場 代表取締役 広野豊(ひろのゆたか)さんです。

香川県木田郡三木町鹿庭地区にある広野牧場の創業は、昭和54年。豊さんの父、広野正則さんが始めた牧場で、豊さんは二代目です。酪農業において香川県内で2番目の規模を誇る広野牧場では、現在、300頭の乳牛のお母さん、19頭の和牛のお母さん、そして約70頭の子牛が暮らしています。

子どもの頃から牧場の手伝いを「嫌々」こなし、それから逃れるために、敢えて異業種の工務店に就職した豊さんでしたが、10年前に地元に帰ってきました。しかし、会社員勤務をした時には「父が手伝いの中で教えてくれたことがすごく大きかったんだと、分かりました。言われた仕事を、いかに臨機応変に、要領よくこなしていくか・・・そんなクセを小さな頃から教えてもらっていた」事に気づけたといいます。

豊さんが香川県に帰ってきた当時は、県内では130~140軒の酪農家がいましたが、現在では80軒。後継者不足で次第に先細りの酪農業でしたが、広野牧場では色々な取り組みを行ってきました。

牛乳の生産・出荷に留まらず、平成25年には牧場から2キロメートルほどのところに「森のジェラテリアMUCCA(ムッカ)」をオープンし、昨年には琴平に2号店もできました。もちろん、広野牧場で採れた生乳を使ったジェラートです♪ 

そして、なんとお土産にMUCCAのジェラートを持ってきてくださいました!お味見はやっぱり・・・ミルク!ですよね。まずは一口・・・「ミルクのほのかな甘みが優しい〜!おいしい〜〜!!」「素材の味を出そうと、極力お砂糖を減らしたかったんです。田舎へ来て、ゆっくりした時間の中でジェラートを食べてほしい。」と豊さん。



黒地に白文字でMUCCAと書いたカップがスタイリッシュ。(MUCCAとは イタリア語で「乳牛」のことなんですって)古民家を利用したオシャレな外観が人気を呼んでいます。

三木町で私たちが農業をしていることで、たくさんの人が集まる場所にしたい!と、これまでにも酪農教育ファームとして子どもたちの牧場体験を行ってきました。牛の餌やり、ブラッシング、子牛にミルクをあげたりする触れ合いや、採れたての生乳を使ってバターやチーズを手作りしたり、パン釜でパンやピザを焼いたり・・・と様々な体験ができるようになっています。

「農業を知らないという子ども達でも、小さい頃に農業に触れてその美味しさ・魅力を体験しておけば、大きくなったときに職業の選択肢の一つになるかも知れない」・・・という思いから、広野牧場では農業を軸として子どもも大人もみんなが楽しめる場所として<アミューズメントファーム>というプロジェクトを立ち上げています。

麦や野菜を作る体験をしたり、その作ったものを加工して自分たちで食べる。それをうまく製品にしてお客様に販売できるところまで、子どもたちが体験し、お金をいただいて『ありがとう』と言って貰える体験を!自分たちが一から作ったものを、お客様に喜んでもらえる体験ができれば、農業はもっともっと広がっていきます。そうすると、こどもたちが農業にもつイメージも変わって行くはずなんです!!」

言わば「農業のキッザニア」を目指す牧場です。

今週のキーワード き『変化』

「今は気候もすごく変化しています。農業においても、牛や種の改良などの育種、機械化などの技術、そしてお客様のニーズも変わっています。その変化を汲み取って、私たちも変化していくことが大事なことだと思います。」

広野牧場、森のジェラテリアMUCCAでは24人が勤務し、県外からの就労者が多いのも特徴です。平均年齢は30.8歳!!力仕事のイメージがあるものの、機械化が進むと同時に機械を取り扱う女性も増えたとのことで、半数以上が女性だといいます。

変わりゆく酪農業。実際に足を運び、自分たちの目で見て体験することから始まる!まさに豊さんが仰った通りですね!

今まで訪れたお客様も多く、さらに「食事が出来るスポットがほしい」という声を生かしたピザ屋さんも来年の春にはお目見えしそうです♪

お陰様で1周年。



拝啓
皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
日頃は当店をお引き立ていただきまして誠にありがとうございます。
さて、当店は本日8月8日で開店1周年を迎えることができました。
これも皆様のご愛顧の賜物と心より感謝申し上げます。
このうえは、5年10年と末長く皆様に愛されますよう従業員一同新たな決意でサービス向上に邁進してまいる所存でございますので、これからも変わらぬお引き立てを賜りますよう心よりお願いし、1周年のお礼とご挨拶を申し上げる次第です。
敬具
平成28年8月8日
森のジェラテリアMUCCAこんぴら店
統括責任者 広野 豊

知事表彰受賞
広野正則が憲法記念日知事表彰【畜産振興功労】を頂きました。
弊社で働いてくれているスタッフさん、地域の方々、同業者の方々、関係者の方々など広野牧場に関わって頂いている沢山の方々のおかげです。
いつもあがとうございますm(__)m
これからも地域、畜産業の発展、広野牧場に関わる全ての方が益々良くなる様にしていきます!





新入社員と共に
新年度になり早9日目・・・。
早いですねー^^
広野牧場には4月1日からなんと!新入社員さんが5名入社しました。新卒の女性3名!中途入社の男性2名!

入社式や新入社員研修を自社だけでは不十分なので、新卒の社員さんと共に香川県中小企業家同友会が行う合同入社式、新入社員研修に参加しています♪

合同入社式



大西高松市長さんや県内大学の就職担当の先生方からもお祝いの言葉を頂きました。


そして2日間の新入社員研修





座って話を聞くだけでは許してくれない同友会(笑

グループ討論、グループ討論発表など自主的にやらなきゃならない事がいっぱいです。



これから、みんなの個人の夢と広野牧場の目指す方向が重なり、共に成長していけるように頑張ろう!



えいえいモー うしうし

【農業の未来をつくる女性活躍経営体100選(WAP100)】に認定されました。
  

女性の活躍推進に取り組み成果を上げたという事で表彰して頂きました。
http://hojin.or.jp/standard/100/



ありがとうございます!!!

農業に対して「儲からない」・「きつい」・「汚い」などのイメージを持っている方もたくさんいらっしゃると思います。
私たち広野牧場では、そのような一般的な農業に対するマイナスイメージを払拭し、
たくさんの人が憧れをもってくれるような「理想の牧場」となることを目指しています。
その中で、女性の力が不可欠であるという事は意識していなくても自ずと見えてきます。

まず、当社の従業員の75%が女性であり牛乳を出してくれる牛たちは100%雌です。
何故、力仕事の多い酪農業界に女性が多いのか?
私自身「育てる」仕事だからではないかと感じています。
女性ならではのきめ細やかな目配りは、牛の体調の変化などを的確に察知してくれます。

意図して女性が多くなった訳ではないですが、これから結婚、出産、育児、介護など
男性よりライフスタイルが変化する要因が多いと思います。
優秀な彼女たちに長く勤めてもらえる、会社組織を目指します!



PAGE TOP ↑