広野牧場HPへ
■NEW ENTRIES■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■

σ(^_^;)アセアセ...
今日は香川県乳用牛展示購買がありました。

社長が一人で行ったのですが・・・



1頭買ってきた Σ(; ̄□ ̄A アセアセ

一番後ろに乗っている子がそうです。

電話した時に買わないような事言ってたのに^^;

ビックリしますがな。

恐るべし社長。。。

何はともあれ、新しい家族が増えました~^^



タテヨコナナメウラオモテ??
私が前職で勤めていた工務店の上司がよく言っていた言葉

『物事を考える時には、縦・横・斜め・裏・表で見て考えろ!』

一つの物事に対して色々な方向から見て考えるって事。

「これはダメ」 「これもダメ」 「これならイケル」 「これの方がイイ」 「これが一番イイ」etc


工務店では現場管理をしていた。

俗に言う、現場監督っていわれてるぶん。

1、お施主さんの予算で会社に経費を残した実行予算でお金の管理をする。

2、家を建てる為に書かれた設計図を、現場で職種ごとに分かり易い施工図に書き換える。

3、設計事務所の方との打ち合わせ

4、お施主さんとの打ち合わせ

5、各職種の打ち合わせ、現場での段取り

6、安全管理、近隣対策

7、その他もろもろ・・・

こんな仕事を10年してきた。


話は戻るけど『物事を考える時には、縦・横・斜め・裏・表で見て考えろ!』

当然上司の方が経験が豊富なので、沢山の選択肢を持っている。

施工図を描いて、承認をもらう時にも色々と突っ込まれる。

「ここはこうした方がいいだろ」とか「ここはどうしてこうなってるんや?」なんて具合に。

それが正解の場合も多々ある。

しかし、それを受け入れて他の部分で困る事も多々ある。

言われた時になんで「こうしたか」を伝えないと、後で悩む事になる。

それが言えるか、いえないか。

そこまで考えているかどうか。

沢山の選択肢がある中で、何処まで考えているかを試されていた?、教えてくれていた気がする。

『物事を考える時には、縦・横・斜め・裏・表で見て考えろ!』

恐るべし上司。

おっとっと。
先日、社長が東京出張から帰ってきて。。。

社長:「空港で暇だったから本買ったわ」

私: 「どれどれ?」

私: 「げ・・・」

私: 「これこの間、はまやんさんに頂いたのと一緒じゃん・・・」

社長・私:「あははは・・・」



はい。。。2冊になりました。。。

恐るべし社長。。。

出来ない、無理・・・
またまた登場☆
恐るべしうちの社長(笑)

『出来ない、無理と決めて物事を見るな』

初めっから「出来ない、無理」と思って日々生活していると、
出来る瞬間、チャンスを見逃す。

「難しいが、もしかしたら」と思っていればチャンスをつかめる時がある。

当たり前とか常識とかにとらわれず、視野を広く持つ事が大切だと。


今の私には、もう言う事が『はい!』しかありません・・・

恐るべし社長・・・

第4弾でした~。

しょうがない・・・
恐るべし社長シリーズ第3弾(笑)

『しょうがない事はひとつもないんや、全てにしょうがあるんや』

しょうがないで済ませたら、その先はない。



前からそうだったから「しょうがない」。

何か理由があって出来ないから「しょうがない」。

常識だから「しょうがない」。

「なぜそうなるのか?」そこを考えないと、いつまで経っても「しょうがない」で終わってしまう。

全然進歩がないまま・・・

私自身結構「しょうがない」って言葉を使う事がある。

これからはもっと行動、言動に「しょうがある」ようにしよう!

ほんまに恐るべし社長・・・

PAGE TOP ↑